なぜスポーツカーはハイオクを使用しているのか?

 

スポーツカーと言えば、「ハイオク」が基本ですよね。
ハイオクとは、オクタン価が高いという意味になり、
高いほど引火点が高くなるので、ガソリンが燃えにくくなります。

 

燃えにくいガソリンは都合が悪く思われがちですが、
決してそうではありません。

 

ハイオクは燃焼時のエネルギーが大きくなるので、
ノッキングを起こしにくくなります。

 

 

 

車を運転する上で、ガソリンはとても重要です。

 

通常、レギュラーのはガソリンを使用する方が多いと思いますが、
ハイオクであれレギュラーであれ、
共通しているのは「無鉛ガソリン」であるということです。

 

これは、有害な鉛分をなるべく含んでいないということ。

 

ハイオクとレギュラーでは性能は異なりますが、
両者とも無鉛ガソリンであるというところは共通しています。

 

 

 

さて、スポーツカーは一般的にハイオクを使用しますが、
その理由はスポーツカーのような高性能なエンジンは、
「ハイオク指定」といって、最初からハイオクが義務付けられているからです。

 

そのため、スポーツカーでレギュラーを入れると、
パワーダウンに繋がりエンジンが不調になる恐れがあります。

 

 

おすすめサイト

 

カーネクスト 評判

 

トップへ戻る